小児矯正(顎顔面矯正)

小児矯正(顎顔面矯正)について

癖の改善や装置の使用を通して、あごの成長を促していきます

歯並びの不正は、あごの大きさが小さく、歯が生えるスペースが確保できないことによって起こる場合が多くあります。当院では、お子さんの癖を改善しながらあごの成長を促す治療も行っています。慢性的な鼻詰まりや扁桃腺の腫れなどはあごを適切な大きさに誘導することで改善できる場合もあります。お母さんと対話を交わして情報を集めながら解決方法がないかを検討していきます。

 

また癖の改善以外にも、特殊な装置を上顎に装着することで骨格を調整していく方法も行っています。

不正咬合の種類について

子供達の健やかな未来のために
「不正統合」のことを知り今から治療を始めましょう。

「不正統合」のことを知り今から治療を始めましょう。

不正咬合は、あごの発育に問題があったり、
はが大きすぎたり、歯の生える位置がおかしかったりすることで起こります。
不正咬合があると、歯並びだけでなく、あごが前後や横にずれて顔のバランスが
悪くなるとともに、食べ物が噛めない・飲み込めない・しゃべりにくい(口腔機能の不良)、鼻で呼吸ができない(呼吸機能の不良)、姿勢が悪いなどの機能異常も見られます。
矯正治療は、装置によりあごの発育に問題があるところを正常に戻すとともに機能訓練を行い、歯並びや顔のバランスをよくし、口や呼吸、姿勢などの機能も改善します。

知る(STEP1)

不正咬合について

歯を支えている骨や上下のあごのアンバランス(=発育不良)などが原因で起きている悪い歯並びのことです。

上顎前突  

上の前歯が下の前歯より飛び出しています。

下顎前突

下の前歯が前に出て、「受け口」の状態です。

開咬

奥歯で噛み合わせたときに前歯が開いたままになることです。

叢生(そうせい)

歯並びがガタガタしている状態。「八重歯」も叢生です。

「体の赤信号」に早く気付くことが大切です。

「体の赤信号」に早く気付くことが大切です。

口で呼吸していることが多い

口呼吸をしていると、空気中のばい菌が喉から体内に入ったり、口の中が乾燥して虫歯になりやすい状態をつくったりします。

また、無呼吸症候群など睡眠障害を引き起こすこともあります。

 

口がいつも開いている

口が常に開いたままになっていると、唇の筋肉が発達不良になり、 唇が閉じにくくなります。また、前かがみの姿勢になりやすく、背骨が曲がったまま成長してしまう恐れもあります。

 

よく噛まずに食べる

よく噛まずに食べると、口元の筋肉やあごの成長に悪影響を与え、消化不良を引き起こす原因になります。

相談(STEP2)

どうすれば治るのか

不正咬合の専門的治療方法「顎顔面矯正治療法」で治ります。
専門医が治療を進めますのでご安心ください。

「顎顔面矯正治療法」とは

歯を支える骨、あごの骨、頭蓋骨、それらを取り巻いている組織(歯肉や頬など)までを考慮した矯正治療方法です。

 

顎顔面矯正治療法によって健全な骨の成長を促し、「体の赤信号」を改善します。

その結果として「不正咬合」が治り、健康で美しい歯並びへと導いていきます。

治す(STEP3)

どのように治療していくのか

問題のある部分を矯正装置によって正常に戻す治療と、口やあごが正しく機能するためのトレーニングを行います。

流れ

歯科治療の流れ

1カウンセリング

気になることや治療希望をきちんとお聞きして、不正咬合と口の機能の状態を診査させていただきます。

矢印 矢印

2矯正検査

顔と口の写真撮影、頭蓋骨やあごの骨まで写るレントゲン撮影、歯の型取り、そして、顎関節・呼吸などの機能検査も行います。

矢印 矢印

3治療計画の説明

検査で得られた結果をもとに計画した、最適な治療内容を写真や模型を使って分かりやすく詳細にご説明します。

矢印 矢印

4矯正装置の装着と治療開始

最終決定した治療計画に沿って、必要な矯正装置を装着し、1~3ヶ月に約1度の通院(装置の調整と治療経過の確認)を始めていただきます。

拡大装置(Hyrax type)

 

拡大装置(Variety)

 

拡大装置(Fan type)

リンガルアーチ

 

ツインヘリックス

 

TPA(トランスパラタルアーチ)

矢印 矢印

5治療終了後のメンテナンス

装置が外れた後の歯は、何もしなければ少しずつ以前の状態に戻っていこうとします。後戻りを防ぐために、保守装置を装着していただき、歯を支える骨や周囲の組織が安定するまで経過を観察します。

staff staff blog