レーザー治療について

レーザー治療とは

レーザーってどんなもの?

レーザーとは1秒間におよそ1兆回以上も振動するエネルギーの強い光です。
その種類は100種類以上あり、レーザーは私たちの生活の中でもCD、
バーコードリーダーなど身近なところで多く使われており、
あらゆる分野で大活躍しています。

医療分野でも活躍しています

医療分野でもレーザーは多く使われています。歯科のみならず、外科・眼科・皮膚科・耳鼻咽喉科・産婦人科など様々な分野で早くから使われています。
最近は、レーザー治療がテレビや雑誌などで「安全で痛みが少なく、副作用の少ない画期的な治療」として紹介されることも多くなり、より身近な治療方法として定着してきました。

身体に優しいレーザー

レーザーは光のエネルギーが熱エネルギーにかわり、生体の表面に限られるので周りの組織への影響が少ない安全なものです。それによって最適で身体にやさしい歯科治療を可能にします。またレーザーは出血させずに悪いところを除去するだけでなく、痛みを和らげたりハレをおさえ、キズの治りを早くする効果もあります。
副作用も少なく、妊娠中の方や、高血圧の方、心臓疾患でワーファリンを服用されている方、人口透析されている方でも、ドクターの適切な診断と治療・指導のもとで、レーザー治療を受けていただくことができます。

炭酸ガスレーザーは体にやさしい光なのです。

歯科医療におけるレーザー治療

歯科医療の現場でも様々なレーザー治療器がありますが当クリニックでは炭酸ガスレーザーを使った治療を行っています。

歯科医院でのレーザー治療について

虫歯予防と治療

歯のミゾは複雑で深く入り組んでいるため、そこに溜まってしまった食べカスなどはハブラシだけでは取り除くのはむずかしいと、よく患者様からお声を頂きます。レーザーは、ハブラシが届かないところでも熱エネルギーで虫歯の原因となる虫歯菌をやっつけることができ、さらに、レーザーによって歯が強くなり、虫歯になりにくくなるほか、歯を強くするためのフッ素も浸透しやすくなります。また虫歯の程度によってはレーザー治療のみで虫歯の進行をとめたり、除去することもできます。

知覚過敏

水を飲んだりハブラシをあてると歯がしみるといった症状はありませんか?

その原因として知覚過敏が考えられます。

これは象牙細管という歯の神経につながる孔(あな)が開いていて神経が刺激されるからです。これ以上進行させないことが大切です。こんなときレーザーで治療すると歯の表面に薄い膜ができて孔をふさぎ、歯の神経を保護するので痛みやしみることを防ぐことができます。

歯周病

歯周病は歯グキから血が出たり口臭がひどくなったりして、そのまま放っておくと歯が抜けてしまうこともあります。こんな時もレーザーは活躍します。歯と歯グキの間のミゾにレーザーをあてて歯周病菌をやっつけます。
レーザーをあてることで歯周病の原因となっている細菌が急激に減り、ウミが自然に出て、
出血や痛みがおさまり、治りを早くします。ブラッシング指導・歯石除去・ほかの歯周病治療と併行してレーザー治療を行います。

口内炎

しみたり痛んだりする不快な口内炎は、少しでも早く治したいものだと思います。

この口内炎を、レーザーで治療できるということはご存じでしょうか?

お口の中や、唇にできる口内炎や口角炎の痛みは、レーザーですぐ和らぎ、治りも早くなります。 入れ歯があたってできる潰瘍(かいよう)にも効果があります。

laser_img02
laser_img03
歯グキの黒ずみ

喫煙によるメラニンの色素の沈着や被せものの金属によって、歯グキが黒くなることがあります。

こんな時もレーザーを使用して色素を取り除き、黒ずみを極めて短時間で除去します。数日後にはもとのきれいなピンク色の歯グキに生まれ変える治療を行っております。

laser_img04
laser_img05

※今までの歯科治療といえば、「抜く」「削る」「痛い」などといった不快なイメージが強かったと思いますが、レーザー治療は、痛みを和らげ、「抜く」とか「削る」ことを最小限にする、画期的な治療方法です。

レーザーは、歯茎などのハレをおさえ、歯周病を治療し、傷の治りを早くするだけでなく、虫歯になりにくくし、また虫歯になってしまったとしても必要最低限の除去治療ができるほか、歯を白くするなどの特別な処置にも使われます。

「安全で痛みが少なく、副作用の少ない画期的な治療」として、より身近な治療方法として定着してきました。

 今回ご紹介した治療方法はほんの一例で、他にもいろいろな治療に応用できます

ので、ドクターまたはスタッフまでお気軽にご相談ください。

staff staff blog