金属アレルギーについて

金属アレルギー

歯科医院で口の中に入れた金属によって、全身に皮膚症状が現れることがあります。また体の一部に現れることもあります。

例えば 背中とか、掌蹠膿疱症のように手のひらと足の裏に特異的に現れるケースです。

アトピー性皮膚炎(31.2%)
接触性皮膚炎(24.7%)
掌蹠膿疱症(10.78%)
痒疹(10.8%)
脱毛症(1.1%)
扁平苔癬(皮膚)(1.1%)
口腔内灼熱感と疼痛(9.7%)
口腔扁平苔癬(4.3%)
口唇炎(2.2%)
舌炎(2.2%)
口内炎(1.1%)

① アレルギーのある金属を調べる

皮膚科でパッチテストをおこない、どの金属にアレルギーがあるかしらべます。
パッチテストは貼付してから2日後、3日後、7日後に観察してアレルゲンを決定します。
遅延型のアレルギーもあるので7日後も必要です。

まれにですが、パッチテストで新しく金属に感作してしまうことがあります。患者様にあらかじめ理解を御願いするしかありません。
※パッチテスト検査薬参考 金属シリーズ・パッチテスト・アレルゲン(鳥居薬品(株)製)

② 治療内容の決定

見た目は同じようにみえてもかなりの種類があります。
使われている金属がわからない場合がほとんどです。

金やメタルボンド(セラミックを金属に焼き付けたもの)で患者様が除去を望まない場合は金属の分析をおこないます。

★ 詰める場合
最近、保険で詰めたり被せたりするプラスチックの強度と美しさ(自然感)は飛躍的に向上しています。
小臼歯まで詰める場合はかなり信頼性が高くなっています

★ 前歯から小臼歯まで被せるもの
保険適応
前歯はHJC(硬質レジンジャケット冠)が適応です。
きちんと形成するとかなり強度があります。
小臼歯はCAD-CAM冠が保険適応です。
硬質プラスチックをい削り出すもので、かなり強度があります。

自費治療
オールセラミックまたはジルコニアをお勧めしています。

★ 大臼歯
保険適応
大臼歯はCAD-CAM冠が保険適応です。
ただ、その際に金属アレルギィーであることの医科からの証明が必要です。つまりパッチテストをうけないと適応されません。

自費治療
オールセラミックまたはジルコニアをお勧めしています。

★ インプラント
自費治療
試用しているインプラントは100%チタンです。他の金属に比較してアレルギィーは非常に出にくいものですが、ジルコニア(セラミック)インプラントのほうが安心です。

③ 金属を除去しプラスチックやセラミックに置き換えます

金属を除去刷る際は必ずラバーダムシートを使用して、削りカスが口の粘膜に刺さったり患者様が飲み込まないように気をつけます。
被せものを装着するとき、セメントはパナビアを使用します。また、ほとんどの歯科用セメントには金属が含まれています。

staff staff blog